ディーラーと車買取店では買取後の流通が全く違う

ディーラー下取りより車買取店の査定額の方がかなり有利になるということは、今では定説のようになっていますが、なぜこのようなことになってしまうのでしょうか。

ポイントは、買い取った(下取りした)車をどこにどう捌くのかということと、売り捌くまでのコストがどうなるのかということになります。

まず、ディーラーの場合ですが、ディーラーは新車販売の専門店で中古車販売の専門店ではありません。

そこで系列の中古車販売店に下取り車をまわすことになるのですが、その時点でディーラーの利益というマージンが必要になります。

系列の中古車販売店では、下取り車を店頭展示販売するために必要な整備やクリーニングを行いますので、そのコストがかかります。

また、展示してすぐ売れるわけではないので在庫経費もかかるでしょう。

更に、展示スペース、社屋などの償却費もオンさせなければなりません。

下取り車が再販売されるにはこのように中間コストが嵩むのですが、再販売の価格にそれを上乗せすると高い中古車になり売れなくなってしまうので、下取り額を低くするということになってしまいます。

ディーラーの下取査定の基準は、このような再販売までのコストを吸収できるような価格になっているので、実際の流通相場から見ればどうしても低くなってしまいます。

一方車買取店の方はどうでしょうか。

車買取店は、買い取った車をすぐに業者オークションに出したり、最近多くなっているようですが自社店舗で再販売するというビジネススタイルで商売を行っています。

下取り車と違って中間マージンの発生は1階だけですし、すぐオークションに出すので在庫経費もありません。

店頭販売の場合でも売れ筋だけに絞りあとは業者オークションで捌くという効率的な方法を採ることができます。

某買取り専門店の店長によると、買取店の必要なマージンは1台あたり8万円程度だといいます。

つまり、業者オークションの相場が100万円であれば、100万円マイナス8万円の92万円がオーナーから車を買い取る上限額になるというわけです。

相場情報やデータベースがなく、中間マージンが2段階必要になるディーラーではこうは行かないということがお分かりいただけると思います。

ディーラー下取り額が車買取店の査定額に敵わない何よりの証拠は、ディーラーが下取り車を車買取店に転売して利益を出しているケースも少なくないという事実です。

これをはじめて知ったときは驚きましたが、地域のディーラーと車買取専門店の間で定期的に行われている取引のようです。

8万円のマージンが必要な車買取店に転売してもディーラーに利益が出るくらい下取り価格は低いものになっているということですね。

これまでディーラー下取りを利用してきた人がこのことを知ったら、何か騙されたような思いになるのではないでしょうか。

業者オークションに出すというのならまだ許せるような気もするのですが、車買取店に横流しして利益を出すのですから納得できるような話ではありません。

ディーラーは車買取店よりかなり低い価格であることを承知の上で新車購入者に下取り価格を提示しているとことですね。

このことを見ただけでも、中古車を高く売りたいなら下取りは避けた方がいいということが良く分かります。

「いや、俺は相場から見ても結構高い値段で下取りしてもらったよ」という場合もあるかもしれませんが、新車の値引き額とのトータルで見れば、何のことはない、値引きを下取り価格の上乗せで行っていたという話も少なくありません。

軽自動車に限らず愛車を少しでも高く売却したいのであれば、まずはディーラー下取りを選択肢から外しましょう。

このページの先頭へ